貿易事務の求人をチェック【貿易には法に定められた厳格なルール】

記事一覧

具体的な職種を知る

面接

スキルアップに役立つ環境

求人を探しているときに見かける貿易事務は、文字通り貿易に関わる事務職のことを指します。書類の作成や手続き、その他の雑務など一般的な事務職と大差のない職種のようでありながら、その内容は輸入や輸出の現場を大きく支えることにあります。求人の出されている貿易事務には単なる事務職としてではなく、複数の作業に分けて募集しているので、応募するのであれば自分に合った作業内容を選択することにしましょう。貿易事務の求人で主に募集されるのは、営業アシスタント、通関担当、貨物に関わる書類作成担当の3種類です。どの仕事でも海外の企業を相手にしているので、まず英語が不自由なく使えることが最低ラインとなっています。営業アシスタントは電話の対応やメールの返信など、営業担当者が行う作業のサポートに徹する内容です。場合によっては担当者の業務のほとんどをこなすこともありますが、見習いのような立ち位置であることから敷居が低く、貿易事務の求人の中では未経験者でも入りやすい職種となっています。通関担当は輸出入の際の書類作成や申告作業が主で、その書類の内容に不備がないかなど厳格な作業が求められます。かなり専門的な知識が必要になるため、求人では経験者が好まれる傾向にあります。貨物に関わる書類作成担当は、貨物が到着した際にその貨物の詳細や輸送手段、到着日などの書類を発行する作業です。いわゆる送り状のようなものなので失敗は許されず、繁忙期になると発行する枚数も相当なものになるため大変な作業となります。このように貿易事務では、一般の事務職とは異なり専門性の高い職種となっているのが多いため、求人でも若干敷居の高いものとなっています。ですが、不安であった英語を実地で覚えることができたり、専門知識を身につけるなど、自身へのスキルアップを目指せる環境にもなっていることは間違いありません。

Copyright© 2018 貿易事務の求人をチェック【貿易には法に定められた厳格なルール】 All Rights Reserved.